介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護ヘルパー2級の人気理由

介護ヘルパー 資格介護ヘルパー2級というのは、介護ヘルパーの資格の中で一番の人気を誇るものです。
そして、簡単に取得できるところも、人気の一つなのでしょう。
他にも、3級を取得しても外で仕事ができないし、だけど1級を取得するには経験が必要となる、ということや、1級は難しい、ということから2級の人気がでてきたのでしょう。
2級を取得するには、講習と実施を受けたら2級の修了資格が習得できます。

人気の理由には簡単な点、というのも含まれていると思います。ですが、人気が高くなったとはいえ、高齢化社会の現代、人手不足なのは変わりありません。

また、介護もただ作業として行えばいい、というわけでなく、高齢化社会の影響もあって介護の質や介護ヘルパーとしての質を求める傾向があります。
ですが、介護ヘルパーや職員の不足に対する問題点は、それ以前の問題で、容易に解決しないと思います。

平成18年度に、厚生労働省が介護の質の向上を目的とした、「介護職員基礎研修」というものを設立しました。
細心の注意が必要なのが、介護職なので、育成がとても重要となってきます。
ですが、元々の介護職員が不足していることが問題となっているので、介護職員基礎研修を行う際の人員の確保が困難となっているのが現状です。

このようなことから、受験資格と試験がなく、最初に決められた時間の講習と実施をクリアすれば取得することのできる、介護ヘルパー2級の人気は、わかるような気がします。
また、介護職員への入り口となる介護ヘルパーの仕事は、できるだけ早急に人材を増やしていきたい、ということだと思います。

介護ヘルパー2級の人気理由 関連記事