介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護者と介護ヘルパーの年齢層

介護ヘルパー 資格高齢化社会といわれている現代でも、まだまだ進化していくそうです。
高齢化社会の問題は深刻で「おひとり様の老後」という言葉もでてくるほどです。
お年寄りの一人暮らしは、姑などに気を使わなくていいという気楽なところもあるでしょうが、寂しくて、いきなり病気になってしまうとかなり困るそうです。
家族と離れて暮らしていたり、何か事情があって一人で住んでいたりなどが一人暮らしの理由としてあげられます。

介護を求める人は、このようなお年寄りも、このようなお年寄りじゃない人も増えています。
このようなことは、介護保険が導入されてから、増加してきています。
人気の理由は、負担する金額が安くなるということが一番多いです。

それでは反対に、介護ヘルパーになろうとしている人の年齢層はどのくらいなのでしょうか。
年齢、性別の関係がなく、介護ヘルパーの資格を取得を目標としている人が、現在増えています。
10代から60代までの、幅広い年齢層が、介護ヘルパーの2級の講習を修了した方たち、というデータが出ています。

そして、その中で主婦が一番、取得した介護ヘルパーの資格を生かそうとしているそうです。
また、仕事のためにこの資格を取得した、という人は40代が多いそうです。
介護ヘルパーの資格を取得した全体の7割が、20代から40代の方です。
やはり、子育てをしつつ、手に職をつけたいという思いで、パートに出るような感覚で資格を取得しているのでしょうか。

仕事は確実にあるし、自分の身内を介護するときにも役に立つから、という理由からでしょうか。
50代で資格を取得した人も約2割いるそうです。

介護者と介護ヘルパーの年齢層 関連記事