介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

福祉専門学校で学習する内容

介護ヘルパー 資格福祉の専門学校で、介護ヘルパーになるためにする勉強とは、どのようなものなのでしょうか。

基礎知識のフォローアップというのが、基本的な内容となります。
自分で学んだけれど、それでもわからない、ということを講師に聞けば、きちんと丁寧に教えてくれるというところが専門学校のいいところです。

また、介護をされる側の心理という、介護ヘルパーとしてとても重要なことを教えてくれます。
関わったことのない人には、こんなことは全くわかりませんよね。
どんな態度で接したら、介護を受ける側がいい気分になるのか、など経験から学ぶようなことなのですが、専門学校では教えてくれます。

残りは、普段経験している人が少ないような、実践的な内容がほとんどを占めています。
自分がしたことないようなことなので、わからないことがたくさんあると思います。
ですが、専門学校ではそれをきちんと教えてくれます。
寝具の整え方、体の自由がきかない人や、寝たきりの人への配慮、体位の交換などがあります。
また、衣類の着脱などは、子供を相手にしているわけではなく、大人相手なので初めての時は戸惑うことでしょう。なので、実践で訓練することがとても大切です。
また、何度も経験しなければ覚えられないような、力の入れ具合なども学ぶことができます。

他にも、食事の介助なども教えてくれます。
自分の子供に食べさせるということと、大人に食べさせるということでは全然違うのです。
他もそうですが、これも実践から学ぶことが多くあるようです。

介護の仕事の中で、一番力が必要となるのが、排泄の介護、入浴の介助です。
男性と比べて、女性は力がないので大変な仕事なのですが、コツがあるみたいで、慣れると以前より簡単にできるようになります。
体の自由がきかない人を介護するときには、車椅子の操作法がわからないと困るので、操作方法も勉強します。
病院へ連れて行く、などの仕事もあるので、車椅子へ介護者を移動させることや、歩行の介助の方法なども学びます。

福祉専門学校で学習する内容 関連記事