介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

専門学校を介護ヘルパーへの道に

介護ヘルパー 資格専門学校へ通い本格的な学習をする、というのも介護ヘルパーへの1つの道です。
時間とお金に余裕のある人や、高校を卒業して介護の道へ進みたい人へお勧めです。
大抵は2年間の専門学校なのですが、卒業すると知識や実戦経験が結構あるので、色々活用できるでしょう。

「介護に役立つ本格的な実習」などというキャッチコピーをつけているような、施設が豊富で大きな専門学校もあります。
本気で将来介護ヘルパーを目指す、という方はそのようなところで学んだことが後々生かせると思います。

テキストを中心とした学習で、必要とされている基礎知識が学べるというような充実したテキストで知識を覚えられます。
時代に合わせてあるテキストなので、とても学びやすいです。

また、大きなところだと、施設が豊富なところが多いです。
本物と大差がないような施設で学べるのは、とてもいい経験となるでしょう。
実習は本格的な施設で、知識はテキストで、学ぶことができるので、とても効率が良いです。

大抵の専門学校は、それぞれの介護現場と提携しているところが多く、卒業前に実習生として現場での体験ができます。
実際働いてる介護ヘルパーを見ながら、今までの勉強の仕上げとして実習できます。
自分が現場を体験すると、専門学校では見えなかったことも見えると思います。

修了書が専門学校から発行されるので、卒業後すぐにホームヘルパーとして働ける確率が高くなるでしょう。
知識も経験も全くない人や、独学だと心配な人には、専門学校がいいでしょう。
一から丁寧に指導してくれるし、現場と同じような設備があれば、本格的な講習が受けられます。

専門学校を介護ヘルパーへの道に 関連記事