介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護ヘルパー1級の資格

介護ヘルパー 資格介護ヘルパー1級は、早く上を目指したい!といってもいきなり受験するのは無理なことです。
介護ヘルパー1級の受験資格は、2級を取得した後に、1年以上の実務経験をした人のみ受験資格が与えられます。
ですが、実務経験なしでも受講が可能になる地域も、自治体によってはあるので、自分の住んでいる自治体に確認してみましょう。

介護ヘルパー2級は、当たり前ですが1級より簡単に取得できます。
1級というのは、人の上に立てるような人材のみが取得できる資格なので、2級よりかなり難しいです。
介護ヘルパーをまとめるヘルパーのリーダーを育てる人材を育成するために、2級より更に難しいヘルパー業務の、知識や技術を勉強します。

講義が84時間、実技講習が62時間、実習が84時間の講習で、合計230時間となります。
講義の内容も、介護技術の理解はもちろん、指導の方法についても勉強します。
また、2級とは違い、ケアマネジメントなどを掘り下げて学習します。

サービス提供者の責任者の立場に就く場合が多いのが、介護ヘルパー1級の講習を受けた人です。
他にも、訪問介護などの計画を練ったり、利用者の意見を確認したりもして、在宅介護などをするヘルパー以外の仕事もすることになります。
正社員や常勤として雇ってもらえることが多く、その分の給料もアップします。
介護ヘルパー1級の資格を取得するには、まず介護ヘルパーとして何年か働いてから取得する方法が一番いいと思います。
実務経験もあり、現場の状況も把握して指導する側に回ると、今までは見えなかったものが見えるようになってくるでしょう。

介護ヘルパー1級の資格 関連記事