介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護ヘルパー2級の資格

介護ヘルパー 資格介護ヘルパー2級を取得しておけば、介護ヘルパーとして働くことができるようになります。
講義が58時間、実技講習が42時間、施設での介護実習などが30時間の合計130時間を受講すれば、2級の資格を取得することができます。
3級と同じく、施設でも介護実習は、施設や訪問介護事業所で実習を行います。

この2級は、訪問介護事業所、福祉系専門学校、自治体などで講習を実施しています。
職安センターが、自治体の中で主に講習しているところですが、受講料は集金せず、テキスト代のみとなっています。
金銭的に余裕はないけれど、介護ヘルパー2級の資格がほしい、という方に、職安センターでの講習がお勧めです。
ですが、平日の昼間が講習時となっているのが職安センターなので、専業主婦向けとなっています。

仕事をしながら資格を取得したい、という方は、訪問介護事業所や専門学校の夜間などを利用しましょう。
ちなみに、10万円前後が訪問介護事業所や専門学校の講座の受講料となっています。
また、事業所や専門学校が運営している会社や、逆に会社が事業所や専門学校を運営しているところもあります。
受講料を一部または全額負担してくれる会社もあり、その方法は、講習を受けた後に上記のようなところへ一定期間勤めることです。
高齢化社会になった今、介護の現場は人手不足が多く、このようなことで人手を集めようという会社も多いのではないかと思います。

国の基準があるので、介護ヘルパー2級を取得するための講座カリキュラムは、学校ごとに違うということがあありません。
ですが、施設や在宅などでの現場経験が豊富だった先生から教わると、経験からの知識を教えてくれる、
などという風に、先生によって教えてくれる内容が少しずつ違ってきます。
反対に現場での経験が少ない先生に教わると、教科書通りの授業で、ほとんど経験から知識を教わる、ということはなくなってしまいます。

先輩の介護ヘルパーの、経験から得た知識、というのは大事ですね。
講習が受けられる学校の情報というのは、ネットやはがきなどで入手が可能だと思います。
色々なところへ資料などを請求して、自分でいいと思ったところで講習を受けましょう。

介護ヘルパー2級の資格 関連記事