介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護ヘルパーの資格の階級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーの資格には、1級、2級、3級というものがありますが、これの違いとはなんなのでしょう。
たとえば何級を持っていれば介護ヘルパーを仕事とできるのか、などということを思ったことはありませんか?
福祉の仕事と全く関わりがない人や、福祉の仕事の初心者の人は、この級の違いがわからないと思います。
ここから、介護ヘルパーの資格の級についてご説明していきます。

ホームヘルパーとは、訪問介護のことです。
在宅で暮らすには不便が多い方、高齢者や身体障害者の方などを、サポートすることが仕事です。
具体的な仕事とは、食事の準備、部屋を掃除、排泄や入浴の介助、食事のお手伝い、体位の交換などを、介護者の家へ訪問して行うことです。
ホームヘルパーというのは、「講習修了者」と認定されさえすれば、誰にでもなれる仕事です。

「講習修了者」というのは、厚生労働省が認定した、講習事業者の講習を最後まで受けるともらえる、認定資格です。なので、講習を受け、最後まで理解すれば必須条件というものは持っていなくてもいいのです。
また、介護福祉士のような、国家資格で試験を受けなければ取得できない、というものではありません。

家庭介護者向けなのが、一番簡単な介護ヘルパー3級の資格です。
家庭介護者というのは、ホームヘルパーのことです。
50時間の講習を受けることにより、3級の資格を取得することができます。
座額の講義が25時間、実技が17時間、プラス現場の実習が8時間の、合計50時間、というのが講習の詳しい内容です。

ですが、事業者や学校で、介護ヘルパー3級を取得するために講習を行っているところはほとんど見ることができません。
平成19年3月の時点では、介護ヘルパー3級で働いたとしても、介護報酬をもらえなくなったということが、上記の一番の要因です。
なので、この介護ヘルパー3級の資格は、自治体が中心として、「家庭で家族を介護する」という人のために行われています。

介護ヘルパーの資格の階級 関連記事