介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護ヘルパーを詳しく分類

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーとひとことで言っていますが、介護ヘルパーの中でも分類ができます。
ホームヘルパー(=訪問介護)や、特別養護老人ホームの寮母、デイサービス、グループホームなどで働いている人も介護ヘルパーの一部です。
このようなところで働くには、介護ヘルパー1級や2級、介護福祉士などの資格が必要です。

ホームヘルパーは、自宅に伺って介護をするのが仕事です。
自宅に伺うということで、介護者の生活と深く関わっています。
なので、掃除、洗濯、食事の準備などの家事も仕事のなかに入っています。

予定していた食事の材料がない場合は、時間内に買い物に行ったり、冷蔵庫の中にあるもので作ったりしなければいけません。
ですが、時間があいたら自分の好きなように使えるところが利点です。
というのは、1日に何件か訪問介護の仕事が入っている場合は、多くが直帰だからです。
当然ですが、1件目から2件目の介護の間に時間が何時間か空いていても、給料にはなりません。
また、介護の仕事に就きたいけれど人間関係が面倒だ、という方にも向いていると思います。
ホームヘルパーは基本的には一人でする仕事なので、お年寄りやその家族の方のみと接していればいいのです。

特別養護老人ホームの寮母という仕事は、多少なりとも気を使うことがあります。
ホームヘルパーとは違い、女性的な職場ともいえる介護の現場では、色々な人間関係があると思います。
ですが、特別養護老人ホームだと、毎日同じことの繰り返しなので仕事を覚えるのが楽です。
それに、常駐の看護士がいるので、医療の面でわからないことも質問することができます。
などのことから、介護ヘルパーを勉強したい、という方にはとてもいい職場だと思います。

デイサービスというのは、触れ合いや社会的な交流を目的としたお年寄りが多く集まっているところです。
このデイサービスをとても楽しみにしているお年寄りもたくさんいます。
なので、どんな風に、何をして楽しんでもらうかを考えることが介護以外の大きな仕事です。
遊びやイベントを行うときには、難しすぎてもお年寄りの方はできませんし、簡単すぎても飽きてしまいます。
この仕事は、そのようなことを考えつつ、介護をしていかなければならないのです。

介護ヘルパーを詳しく分類 関連記事