介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

資格を取って介護ヘルパーになれる?

介護ヘルパー 資格会社で介護ヘルパーを事業とするところが増えてきています。
それは、介護保険が導入され、介護を受ける方が多くなってきているからです。
その一因に高齢化社会というものがあり、これからも介護を求める人は増えていくと思われています。
これらのことにより、介護ヘルパーの資格を取得し、介護ヘルパーの職に就きたいという人も多くなってきています。

ここで一つ問題なのですが、求人はあるのでしょうか。
調べてみた結果、結構な求人がありました。
介護を必要としている人が多いので、介護ヘルパーになりたい人が多くても求人がない、ということはありません。
なので、資格は取ったけれど、仕事がないのではないか、と思っている方は大丈夫ですよ。

低賃金だといわれているのが介護の仕事です。
正社員となれるのが入所するような福祉施設での仕事で、特別養護老人ホーム、老人保健施設、有料老人ホームなどが多いです。
また、人手が足りないといっている施設もあるようです。

施設の場合、24時間体制で行われているのが介護というものです。
夜中でも、お年寄りの方に異常があらわれたり、手を貸さなければいけないなどの状況が必ずあるでしょう。
福祉施設では、ローテーション勤務のところが多く、夜勤ももちろんあるので不規則な勤務形態になります。

また、女性のような雰囲気で、気遣いができることなどが求められるのは、職種が女性的だからです。
なので、他の仕事とは違う雰囲気があると思います。
そこでやっていけるか、馴染めるかなどは人それぞれですが、この点が重要なポイントとなることは間違いないでしょう。

介護ヘルパーの資格を取って、アルバイトから始めてみて、雰囲気や勤務形態などが自分に合うかを試してみるのもいいと思います。
そこで色々なことを経験して、自分に合っていると思ったら正社員になるのが一番失敗しない方法でしょう。

資格を取って介護ヘルパーになれる? 関連記事