介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護ヘルパーの資格

介護ヘルパー 資格
介護ヘルパーは、家事援助や介護を行います。
大抵お年寄りの方や、体の自由がきかない方のお手伝いをすることが多いでしょう。
なので、人のお世話をするのが好き、という方が、介護ヘルパーの第一条件となります。

ホームヘルパーは、家事が主になって、手伝いをするときも簡単なものがほとんどです。
ですが介護ヘルパーとなると、日常生活のお手伝い、たとえば食事のお手伝い、家事、排泄のお手伝いなどをすることになります。
また、お年寄りの相談やお話を聞くこともあります。
ひとり暮らしのお年寄りの方などは、話を聞いてくれるだけで嬉しい、という方もいるようです。

介護保険が導入されたので、このような介護サービスを受ける方が年々増えています。
介護ヘルパーでも自宅に来てくれる人を探している方が多いと思います。
また、在宅介護事業を始める事業者も増えています。
このようなことから、老人ホームへ足を運ぶよりも、自宅へ来てもらった方がいいという方が増加しているのがお分かりになると思います。

1〜3級まである資格を取得すると介護ヘルパーになることができます。
ですが、2級の取得が、現在の介護をするにあたって求められています。
この資格を取得するには、福祉の専門学校で学ぶか、訪問介護事業者で国の認可を受けた方の開く講座を受講することのどちらかを選ばなければなりません。
ですが、これら以外にもハローワークで資格を取得することができます。

また、失業保険を受けている時であれば、講習が無料で受けられる自治体もあるようです。
民間の事業所とは違い、費用がとても安くて済む自治体もありますので、気になった方は一度調べてみてくださいね。

介護ヘルパーの資格 関連記事