介護ヘルパー 資格 仕事内容 2級

介護ヘルパーは今最も求められている資格です

介護ヘルパー 資格介護ヘルパーは最近よく聞くようになりました。介護ヘルパーは、自分を必要としてくれる人がいるという喜びを感じられる仕事です。
介護ヘルパーの資格を取得している人は、施設や病院で勤務するときに優遇が良く、訪問介護を行っているホームヘルパーよりも上の立場に立つことになります。
ではこの介護ヘルパーは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか?
スポンサードリンク

介護と介護ヘルパーの役割

介護ヘルパーとは

介護ヘルパーとは、その名の通り介護を行う人のことです。ですが、仕事内容が介護だけではない場合もあります。
「ホームヘルパー」という訪問介護をする人は、介護と家事の両方をしなければいけません。このときに必要となる資格が介護ヘルパーです。介護ヘルパーの資格は、1〜3級まであります。

 

自分は介護保険制度の対象者なの?

介護保険制度の対象者というのは、二つに分類できて、65歳以上と、40歳から64歳の人が対象となります。

65歳以上の場合

要介護状態であり、日常生活に介助が必要な状態の人が対象です。

40歳から64歳までの場合

脳卒中や痴呆などの病気が対象となっています。

 

おいしいおかゆの作り方

お年寄りの方でおかゆが嫌いだ、という方はあまり見かけませんよね。そこで、おいしいおかゆの作り方をご説明します。
まず、その人が好きだ、というお米の固さを覚えます。そして、お米から直接炊いたおかゆを作り、それを味わってもらいます。

 

<PR>いつもお世話になっている方にクリスマスプレゼントを贈りましょう!クリスマスプレゼント ランキングを参考にしてくださいね。

 

老人ホームってなんだろう

老人ホームのイメージは、キレイなところで、料金が高くて、周りのことを全部ヘルパーがしてくれて、楽しそうというイメージの方が多いでしょう。これを有料老人ホームといいます。
家で生活したくなくって、お金があるのならば、有料老人ホームに入ることができます。ですが、誰にでも入れるわけではなく、入居条件というものがあるのです。